結城市立結城中学校 様 変電所改修幹線動力工事 を行いました。

(株)ミヤタ 様からのご依頼で管理・施工をいたしました。

今回工事は、幹線工事・機器への電源供給がメインとなります。

幹線引きの様子から

キュービクル~配電盤までの埋設ルートを車についてるデフウィンチで引っ張ります。

たまにしか登場しませんが、電源いらずでどこでも設置できるのでこういう場所ではいいですね。

 

ハンドホールとエフレックス接続もいい商品ができるので大分楽になりました。

 

末端ではハンドホール内で余長をとりますが、ここは中間なんでこんな感じでいいですね

キュービクルからの行先はここです。

 

手前に見える螺旋階段と扉が当たらないように何度も設計事務所様と打合せして納めました。

各階のケーブルラックの状況です、

長いところで100m近くケーブルラックが敷設してあります。

学校正面から見ると、高さや吊りボルトが各階揃えてあるので見た目もいいです。

2次側の配線は完了したので、キュービクル改修工事の様子です。

工事前に、検相・電圧・行先を十分に確認します。

 

既設配線を撤去したらラフターで楊重します。

結城市でクレーンと言えば(有)須藤クレーン 様です。いつも大変お世話になっております。

 

配線を傷付けないように慎重に。。。

撤去後、新設キュービクルのアンカー位置を墨だし、打設します。

新設で設置する場合は、一面づつ丁寧に設置して、、、

完成です。

基本的に授業や部活などで学校には休みがあまりないです、学校側に不便のないように一日のみの停電で工事することができました。

ご協力ありがとうございました。

受変電設備増設など、お気軽にお問い合わせください。